新幕レポ~OneTigris スーパーシェルター

ようやく新幕を張れましたので、軽くレポなどしてみようかと思いまする。(*´ω`)
でも所詮はたま子なので、あんまりアテにしないでください。(笑)

OneTigris スーパーシェルター BLACK ORCA

他にブラウン(というかベージュ系)もあります。
ODグリーンは頻繁に品切れになるようです。欲しい方は再入荷のタイミングをうまいこと掴んでください。
参考価格:9,200円

製品のスペックなんかは、商品ページでご確認くださいませ。

 

張ってみた

えっと、すみません。雨キャンだったもので、↑のような張り姿ではございません。
思いっきり後ろ側を引っ張っちゃってます。しかも夕方にサクっと張ったので、かなりシワってます。( ̄∇ ̄;)

張ってみた

サイドのポールは、トレッキングポールを120cmで使用。でもちょっと高さが足りない感じ。125cmくらいでちょうどいいのかも。
両サイドのロープは1本ずつで設営しましたが、強風時やキャノピーを強めに張るときには、2本ずつにした方が良さそうです。
たま子はキャノピーをけっこう強めのテンションで張ってしまったので、幕がやや前方に傾いてしまいまして、サイドのロープ位置をやや後ろに引くように直しました。

 

テントの下部の固定ペグは6か所。だけどこれ、4か所でイケるわ。×印のところのペグはなくても大丈夫そうです。
あ、ちなみにこのペグを打つループ、ダサさMAXな蛍光グリーンだったので、黒く染めました。

ペグは4か所でいける

 

 

幕内は1人ならかなり余裕、2人なら、隙間にちょこっとリュックを置けるくらい。
背面が斜めなので、2人で使うと、背面側の人は圧迫感があります。結露で濡れちゃうかも?
コットもギリ2台入りますが、出入り口がひとつなので、2台入れると奥の人の出入りが困難です。

幕内

 

後ろをロープで引くと若干背面側に余裕ができます。が、やっぱりまだ圧迫感がある。

後ろにロープを1本

なので、後ろにポール(というか、木だけど、、、)を足してみました。
強めに引いているのでちょっと幕が歪んでしまいましたが、かなり幕内に余裕ができます。これなら2人でも大丈夫っぽい。

後ろにポールを+

 

 

このテントの構造上、キャノピーを上げると、ここに雨水が溜まります。

雨水が溜まる

 

でも、後ろを強めに引くと、うまいこと水が流れてくれるみたい。恰好は悪くなるけどね。

水が流れる

 

 

両側にあるこの窓、窓があることは嬉しいのですが、中からは開けられません。それが残念。
そして、巻き上げるとまともに雨が入ってきます。(-_-;)

窓

 

なので、小枝とクリップで即席のベンチレーター風にしてみました。
クリップとロープで引いてもいいね。その方が見栄えもいいかもね。

ベンチレーター風

 

 

これさ・・・ちょっとさ・・・小さいにもほどがあるのでは・・・(-_-;)
出入り口も窓も、すべてのループが小さすぎて、留めるのに苦労しました。いやほんと、人差し指突っ込むのも苦労するほど小さいのよ?
これね、絶対何かつけたほうがいいよ。

ループ小さすぎ!

 

初張りはけっこうな雨に降られましたが、幕内はへっちゃら。
よっしゃ!
と思っていたら・・・

しみてる

あらら?若干、雨が滲みている部分がありました。( ̄∇ ̄;)

 

その他、気になる点など

一番気になるのは、結露。シングルウォールですからね。これはもう仕方がないよね。
暖かい時期なら、全部閉めないでちょっと開けとくとかすれば、なんとかなるんじゃないかな?
寒い時期は・・・うん、諦めて濡れない工夫をしときましょうか。

でも実際の結露具合はどうなんだろうね?出入り口がメッシュだから、キャノピーの部分を閉めても、通気は悪くないような気もする。
こればかりは、実際に結露するような環境で使ってみないとわからないね。

 

あとは、縫製等の強度かな。
キャノピーを張り出す際にテンションをかけたら、縫製部やファスナーが破損した・・・なんて話をちらほら聞きます。
これは気を付けねば。

 

たま子の評価

独断と偏見によるたま子の評価は、

★★★★★

はい、★5つ!

ただし、誰にでもおすすめできる、すんばらしいテントというわけではないです。
そんなに機能性がすごいわけではないし(むしろ難点も多い)、めちゃくちゃ安いというわけでもない。

なら、なにがそんなに高評価なの?って・・・

うん、見た目かな。(笑)

いやぁ、軍幕に憧れを持つ身としては、この色カタチには惹かれるものがあります。
かといって、軍幕はちょっと重いし、雨キャンの後大変だし、、、
だから、なんちゃってーなこういうテントで、欲望を満たすのです。(笑)
ま、軍幕を愛する方々から見れば、こういうテントは邪道かもですが。( ̄∇ ̄;)

あとはね、難点があるところが逆に面白いの。

なんだよこの窓~。雨が入るじゃんよ~。
とか、
ループ小さすぎて指も入らねぇwwww
とか、
なんでロープが蛍光グリーンなの。ダッサ!( ̄∇ ̄;)
とか。

しゃーねーな。プチカスタマイズするか。ってのが、楽しいのよね。

 

もちろん、重さも魅力的。これ、電車キャンパーには死活問題だもんね。
ただ、テントが約1.5kg。これに、ポールやロープやペグが加わるから、総重量はそんなにものすごく軽いわけではないです。
ものすごーく軽いテントを求めるならば、他のやつの方がいいかも。1.65kgのドームテントとかありますからね。

 

以上、新幕レポでした。

新幕!