極寒強風雷雨のお花見キャンプ

春です!今年も桜の季節がやってまいりました!

卒業式に桜まつりに入学式に…と超多忙で疲れ気味の今春ですが、桜が咲いたらキャンプに行かないわけにはいかないではないか。
さぁ、今年も行くぞ!お花見キャンプ!

桜3本ひとりじめの贅沢サイト

場所はいつもの野島公園キャンプ場。
ほんとはね、もっと桜がすごいとこでキャンプしたいけどね。多忙な時期に遠出はしんどいのよね。

お荷物はこれ↓プラス犬キャリーいっこ。花見はくつろぎたいので、けっこうな装備を詰め込みました。
テント、タープ、コット②、シュラフ②、マット②、テーブル、チェア②、ストーブ、調理器具、などなどが入ってます。

荷物
 

サイトはこちら。野島公園キャンプ場40番サイト。

40番サイト

うふふ。広いでしょ?このサイトだけ通路に囲まれて孤立してるんですよ。しかもサイト内に桜が3本!
うふふ。えへへ。ぐふふふふふふ。( *´艸`)

この桜はうちのものじゃぁ!

40番サイトは、混雑期はのんびりできない場合があります。
通路向かいのBBQグループがなだれ込んできたり、柵がない場所から通行人が頻繁に通り抜けしたり、通路でボール遊びされたり…
特に、潮干狩りシーズンや夏休みの週末などは無法地帯になるのでご注意ください。

 

テントはエクスカーションティピー325の土間スタイル。

325土間スタイル

テント内

エクスカーションティピーってインナーなしで張れるの!?
という方がけっこういますが、張れます。張ってます。でもけっこうテキトーに張ってるので、若干前がたる~んとしてます。(笑)

エクスカーションティピー325のフライシートトップは補強されていないので、ポールが突き抜ける危険があります。
我が家の場合は、ポールの先に何か(この日は食器洗いのスポンジ使用)をかませて、幕のテンションは弱めに設営しています。
フロントポールの固定金具はインナーから外して、ペグで固定。
インナーなしの設営はメーカー非推奨なので、破損しても自己責任です。

 

テントのとなりに写ってる小さい黒いやつは、倉庫兼トイレ用タープ。
ここで簡易トイレ(という名のペットボトル&漏斗)を使用します。だっておトイレ遠いんだもん、、、

トイレタープ
 

そうこうしているうちに、ネットスーパーに頼んでいた食料が到着!
ありがとう。ネットスーパーさん♬(#^^#)

食料到着
 

さぁ、宴の開始だ!
ビーパルの付録の焚き火台に火入れの儀。これ、たまおの焚火台です。もちろんたま子のもあります。2冊買っちゃったん。

火入れの儀
 

雷雨、きたる

天気予報で雨は覚悟していましたが、まさかここまでとは・・・

ゴロゴロゴロ~っと雷。そして雨。
前日の予報ではいい感じのお天気のはずだったのに、ひどいよ~(T T)

荷物を幕内に入れまして、

荷物を幕内へ

宴も幕内で、、、

幕内で肉

うっうっうっ、狭いっす。さくら見えないっす。( ノД`)シクシク…

気温も下がり、風も強めでめちゃ寒い。ストーブ持ってきてよかったわ。
ってかこれ、もはや花見でも何でもないよね。完全に冬の雨キャンだよね。

ストーブ
 

テントはさくらまみれ。
風流だけどさ、このテント、洗ったばかりなんですけど・・・(-_-;)

さくらまみれ
 

焚火だファイヤー!!

雨が止んだぞ!よし!着火~~~~~!!
夕方近くになってようやくの焚き火タイムです。

焚き火タイム突入
 

数組いたBBQグループは撤収し、キャンプサイトにいた人も撤収し。

そして誰もいなくなった。

貸切状態

 

その辺の繁みで新品のお鍋を見つけました。こんなところに捨てて帰っちゃダメよ~。
お鍋は「なべお」と命名し、たま子家が使ってあげることにしました。

豆
 

晩飯も作ります。
今夜のメニューは甘いお赤飯としゃぶしゃぶ。たま子は北海道出身なので、お赤飯は甘くないとダメなのだ。
でも関東には甘いお赤飯はあまり売っていないので・・・パックのお赤飯に甘納豆をまぜまぜして蒸す作戦。

赤飯を蒸す
焚き火調理

ほーら。美味しく出来た♬(#^^#)

甘いお赤飯
 

夕飯後はゆっくり焚き火をたのし・・・みたかったのですが、またもや雨!
くっそー、雨雲め!

今夜は諦めて、早めに寝ますかね。サン吉さんももう眠そうだもんね。

サン吉夢の中
 

くそ寒い強風の中、桜を愛でる

2日目。快晴!

快晴!

しかし、寒い!!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
見てください。この防寒。春キャンの恰好じゃないわ。

防寒
 

風も強くてとにかくめちゃくちゃ寒いので、朝っぱらから焚き火しちゃいます。

おねぎ投入

え?何か変なものが乗ってるって???
ただのおねぎですよ。

じっくり焼いた黒焦げのおねぎを剥けば、中はトロトロ♪ごまポン酢でいただきます。

じっくり焼いたおねぎ
ポン酢でいただきます

 

スープも作ります。
たまお特製 さくらと雑草のスープ・・・は、食べられないので(笑)、たま子は食べられるスープを作る。おねぎとサラダチキンのスープ。

さくらと雑草のスープ
サムゲタン風スープ

 

お昼はハンバーガー。
パックのハンバーグを温めるだけなので手軽です。あ、チーズ入れるの忘れたわ。まぁいいや。

焼くだけ
シンプルバーガー

 

お花見にはスイーツも必要ね。うん、いいねいいね。お花見っぽいね♪

お花見スイーツ

 

あぁ、ほんとに桜がきれいだな~。

桜を見る

え?「何寝てるんだ!」って?
いや、花見ですよ。ちゃんと桜見てますよ。ほらね、真上がこれだもん。

真上も桜

トイレタープが崩壊するほどの強風の中、焚き火で暖まったりシュラフに入ったりしながら、意地で桜を愛でました。
 

そうそう、今回はじめて展望台にも行ってみたよ。
急な階段を240段登った先には、桜の木がいっぱい。展望台からはうっすら富士山も見えました。

展望台

後から知ったんだけど、伊藤博文邸方面から行けばなだらかな坂道で楽なんだってね。ヒーハー言いながら階段から行っちゃったよ。(^-^;)
 

極寒、薪燃やしまくりの夜

夕方。タープが崩壊するほどの強風はやみましたが、それでもまだまだ風が強い。
とにかく寒いので、薪を追加購入。ここまでの薪合計は8束4000円。ひぃ~(;´Д`)
でも仕方ないね。バリバリの冬装備じゃないもん。焚き火しないと寒くてかなわん。
焚き火して、温かいもの食べて。
これってやっぱり冬キャンじゃね?とか思ったりもするけど、お花見キャンプなんだよね。(^-^;)

焚き火
 

晩飯も超絶手抜き。飯も炊きません。パックのご飯を温めます。
湯煎だと時間がかかる&大きな鍋が必要なので、飯袋にうつして蒸すことに。蒸し網を持ってきていないから、丸めたアルミホイルで底上げします。

ホイルで網がわり
ごはんを蒸す

そして、

うなぎちゃぁぁぁぁぁん♪(*´∇`*)

うなぎ

手抜きだけど豪華飯。やっぱりうなぎはキャンプ向きだ!

 

この日の夜、
『マットなくても寒くなかったよ。ナンガだから!』というたまおの言葉を信じて、たま子もマットなしのコット寝をしてみましたが・・・

めっちゃ背中寒かったやん!( ノД`)シクシク…

はい。夜中に寒くて目が覚めました。夜中にマット膨らませて使いましたわ。もう『寒くないよ』というたまおの言葉は信じません。
背中大事。冷気遮断は必須です。若者と四十路ババァでは違うのです。
 

撤収。さらば野島の桜。

翌朝も快晴。でもやっぱり極寒、、、
薪は使い果たしたので、炭で暖をとりつつカレーうどんを煮る。
カレーうどんの具材を残しておくの忘れたので、具なしになっちゃった。まぁいいや。

カレーうどん

 

撤収は1時間でできました。
さらば、40番!また来るぜ!

撤収

 

 

以上、極寒ブルブルお花見キャンプ終了。

次のキャンプはGWかな。
行き先は、ナ・イ・ショ♪