たま子流 キャンプスタイル

キャンプと言っても、楽しみ方はさまざま。
100人いれば100通りのキャンプスタイルがありますよね。

よそ様のサイトを巡っていると、『おぉぉ!』『ほへぇぇ~』と思うこともしばしば。
こだわりの逸品を揃えた本格派キャンプには憧れますし、最小限の荷物でゆったり楽しむソロキャンプもカッコいいものです。

たま子の場合は、人に憧れられるような上級キャンパーは目指しておりませんので、身の丈に合ったキャンプを自分なりに楽しんでおります。
そんなたま子流のキャンプスタイルをちょっぴりご紹介。

 

コンセプト・内容を決める

キャンプに行くときには、必ずコンセプトを決めることにしました。
例えば、
『おばさんひとり(+犬)でまったりと♪お気軽手軽なソロキャンプ』
『電車キャンプの強い味方 hinata trunk! を使って、楽々&充実キャンプ♪』
みたいな感じです。

どんなキャンプにしたいのか。何を楽しみたいのか。何を優先して、何を捨てるか。
楽したい部分、頑張れる部分・・・etc。いろいろ決めます。
何もかもぜんぶ!ってのは、たま子家には無理ですからね。(^-^;)
楽に行きたいなら、ある程度装備を減らさなきゃいけないし、思いっきり遊び倒したいなら、食事作りを手抜きしなきゃいけない。
うまいこと、バランスがとれる妥協点を考えます。

 

メーカーなんて、なんだっていいじゃないか

よく、○○○は初心者向けのメーカーだ。買わないほうがいい。

などという話を目にしますが、たま子はバッチリ買っておりますよ。ほほほ。
えぇ、メーカーなんて気にしません。

初めてキャンプ用品を揃えた時は、あちこちのサイトやQ&A掲示板を見て回ったものですが、そこでおすすめされていた用品を買ったことは少ないです。
あれこれ迷っても、結局は自分で選んだものを買うことの方が多かったですね。
だって、上級キャンパーさまたちのおすすめ品ってば、高いんですもの!たま子家にはとてもとても揃えられません。

安いものは、確かに耐久性が良くなかったり、作りが雑だったりしますけど、自分がそれでもいいと思ってるならいいじゃないですか。
そもそも、年に数回しか行かないキャンプ。そこまで良いものをそろえる必要性は感じません。
寝袋なんて縫製がほつれてても使えるし。ランタンなんて光ればいいし。(笑)

高級メーカーでビシっと揃えたサイトを見ると、たしかに『おぉ!カッコえぇ!』とは思いますけどね。
よそはよそ。うちはうち。
安物だって、自分がそれなりに気に入っていればいいんです。

 

キャンプにオシャレさは求めない

オシャレでハイセンスなキャンプって、素敵だなぁ~って思います。
でも、目指そうとは思いません。(というより、はなから無理。。。)

予算重視で安いものをあれこれ買ってると、統一感なんて出ないんですよ。( ̄∇ ̄;)
そこに加えて、100均のものたちがいろいろ加わると、雑多で初心者感たっぷり~のサイトが一丁上がり。

でもいいの。そんなの気にしないもーん。
楽しみ方の方向性が違うだけ。そう、よそはよそ。うちはうち。

 

人目なんて気にしない

人目なんて気にしてたら、電車で母子キャンプなんて行けません。
そりゃぁもう、『どこに夜逃げするんですか?』ってくらいの大荷物抱えて電車に乗るわけですから。(笑)
人様に迷惑かけないようにさえ気を付ければ、別に注目集めたっていいんです。
むしろ、『母親ひとりで子どもをキャンプに連れてくなんて、あたしカッコいい!』くらいに思ってます。

一般的には、キャンプといえばグループやファミリーで楽しむものっ。て考え方が多いですよね。母子2人だけでキャンプなんて寂しそう。なんて思われることもあります。
キャンプ場でも、『え、あそこ、お母さんと2人だけ!?』みたいな目で見られることがありますけど、たま子は全然平気です。
だって、別に変なことじゃないでしょ? キャンプはこうであるべき!なんて決まりはないんですから。
自分と子どもが楽しめれば、人の目なんてどうだっていいんです。
(もちろん、常識はずれ・マナー違反は別ですけどね。)

 

低予算で抑える!

たま子家のキャンプにおいて、最重要課題がこれ。

キャンプって、お金かかるんですよね~~~~(T T)
レンタル品をいろいろ借りればけっこうな額になるし、自分で全部揃えれば送料がかかる。(うちは車がないので持てない分は送るしかない。)
食事だって、豪華にすればかーなーりーの金額になります。

たま子家の1回のキャンプ予算は15,000~25,000円と乏しいので、いかに金額を抑えるかがキャンプ成功のカギとなります。
かといって、食事があまりにも侘しいと、キャンプの楽しさも半減してしまいますから、金額を抑えつつ、内容を充実させること。お母さんの腕の見せ所ですな。

 

とにかく楽しむ!

あまりにも気負って頑張りすぎたりして、せっかくのキャンプを楽しめなかったら、意味ないですもんね。
うちは母親と子どもの2人だけなので、私が疲れ果ててグッタリしちゃってたら、たぶん子どももつまらないと思います。

親も楽しむ! これ大事。

そう、キャンプ用品が安物でショボかろうが、母子2人っきりで周りからチラチラ見られようが、せっかくのキャンプ当日が雨だろうが、楽しめればいいんです。
ね?

 

おまけ:Googleスプレットシートでキャンプ計画を立てる

たま子はGoogleスプレットシート愛用者なので、キャンプ計画もこれで作ってます。
ひとつのスプレットシートに、

  • 持っているキャンプ用品の一覧
  • 持って行くものリスト
  • 予算表
  • スケジュール表

などをまとめてあります。
Excelでもいいんですが、これだとスマホからでも閲覧・編集できるので便利です。