夏だ!川だ!でも雨だ! 野呂ロッジキャンプ ②

ダム放流のサイレン鳴り響く夜が明け、キャンプ2日目でございます。
 


 

撤収か、続行か。

朝。
前日泳いだキレイな川は、無残なカフェオレ色に。
水位が気になるところでしたが、思ったよりは増水していませんでした。

カフェオレ色の川

 

朝ごはんは手抜き。ピザとカップスープです。

ピザとスープ

楽しいはずのキャンプの朝食。しかし、この日は重苦しい空気が流れています。
なぜなら、非常に重要な決断を下さねばならぬからです。

撤収か、続行か。どうする?たま子?

朝飯を食しながら、天気予報とにらめっこ。
予報は雨です。何度見ても雨です。
いや、雨なのは最初からわかっていたことなのですが、問題は雨量と風と時間帯。特に、撤収日の予報が問題なのです。
Twitterでは撤収をすすめる声が多数。たま子も、1泊撤収を覚悟して来ています。

しかし・・・

うーん、これは悩むなぁ。(-_-;)

この日の予報は、0~2mm程度の雨。風は弱いので、キャンプにはまったく問題なし。
でも翌日が厳しい。午前中のちょうど撤収時間に雨がひどくなる予報。午後は雨が弱くなるようだけれど、かわりに台風接近で風がかなり強くなる。

やはり撤収するのが無難か。
いやしかし、すでにぐちょ濡れなんだから、これ以上どれだけ濡れたって変わらないんじゃ?
いやいやしかし、水没サイトで撤収作業するのはキツいぞ。
んじゃ、撤収を午後にしたら・・・いやいや、そしたら台風が来ちまうな。さすがに強風は危ない。

うーんうーん・・・

 

 

撤収、のち、設営

たくさんの心配してくださった方、ごめんなさい。
たま子は続行の決断をいたしました。

ただし、サイトはお引越し。
キャンプ場のスタッフさんとも相談して、水はけのよい、川からより高さのある安全なサイトに移動です。

サイト移動

これで安心。よかったよかった♪(* ̄∇ ̄*)

よかっ・・・

・・・って、全部撤収して再設営するんかーい!
Σ( ̄ロ ̄lll)ひぃぃぃ

前日、マメがつぶれるほどに一所懸命打ったペグを、たった1日で引っこ抜くという悲しさ。
おーまいーがー(T T)

唯一の救いは、移動先の地面が固くなかったことですな。今度はすんなりペグが打てました。
念のため、ロープも増やしてしっかりと設営。タープポールが細いのが難点だけど、節を引っこ抜いて低くすれば、風が強くなっても大丈夫なはず。

再設営1

再設営2

 

 

キャンパーの優しさ、いただきました!

移動を終えて、元のサイトの排水路をせっせと埋めているとき、たま子家テントの前に一台の車が。

ん??? あの車は、もしや・・・(ドキドキドキ)

そしてこちらに近づいてくる、グラサンのお兄さん。

ドキドキ わくわく (゚∀゚)

そしてお兄さんは言いました。
『たま子さんですか?はじめまして。Hです。』

 

Hさぁぁぁ~~~~ん!!!
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

なんと!道志の森でキャンプしていたHさんが、帰りにわざわざ寄ってくださったんです!
Hさんとはtwitterで交流があったものの、これが初対面。
みなさん、信じられます?会ったこともないのに、たま子家を心配して様子を見に来てくださったんですよ?
なんで、なんで、キャンパーさんってみんなこんなに優しいんでしょう!
他にもいっぱいtwitterで心配してくれる方がいて、本当に、キャンパーさん達の優しさと人情が心に沁みます。( ノД`)シクシク…

(というか、心配させちゃって、皆さま申し訳ありません。。。)

Hさんからは、こんなにいっぱいの差し入れもいただいてしまいました。
Hさん、ありがとうございました♪(#^^#)

差し入れ

 

そして、これはHさんが帰られた後にわかったことなのですが、道志の森にいたHさんに、Gさんが連絡をしてくださったらしいのです。

『イザって時にたま子親子を頼む!』

と。

うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
なんですかこの男前っぷりは!!!(悶絶)

HさんもGさんも、優しすぎ!というか、男前すぎです!
たま子があと20年若かったら惚れてしまうわ~。(* ̄∇ ̄*)
ま、今はもう枯れてるから大丈夫だけどね。

Gさんもtwitterでの交流のみでまだ会ったことがないのですが、野呂ロッジでのキャンプにあたり、いろいろとお世話してくださったり、キャンプ中もずっと心配してくださったりで、本当にお世話になりました。

Gさん、本当にありがとうございます。感謝感激です!
いつか野呂でご一緒しましょうね!

 

 

雨を楽しみ、キャンプを楽しみ、野呂ロッジを楽しむ。

弱い雨が降ったりやんだりで、川にも入れないこの日。
しかし楽しみはたくさんあるのです。

まずは、この子。キャンプ場のワンコちゃん。
前日は犬小屋にいたけれど、雨で避難したらしく、どどーんとテラスに寝そべっていました。
触りたい。けどデカいのでちょっと怖い。恐る恐る近づいてみると・・・

スパンキー君

なんだこのかわいい犬はーーー!!
めちゃくちゃ甘えん坊じゃないですか。しっぽぶんぶん振って、自分からすり寄ってくるんですよー。超かわいい♪♪
しこたまナデナデさせていただきました。(*´ω`)

 

ワンコを堪能した後は、お楽しみのニジマスく~ん♪

野呂ロッジでは、1匹300円でピッチピチの生きたニジマス君を買うことができるのです。
このニジマス君、川の浅瀬を石で囲って放せば、つかみ取りを楽しむこともできちゃいます。たま子家も本当はそうするつもりだったのですが、残念ながら雨の増水で断念。
まぁいいや。サイト移動で体バキバキだし、つかみ取りする体力もうないもんね。

3匹注文したところ、優しいスタッフさんが1匹おまけしてくださって、計4匹のニジマス君をGET♪おまけに、息子はアイスまでいただいてしまいました。

さっそく2匹は塩焼きに。パリッと焼けた皮とふわふわの身が絶品です!川魚があまり好きじゃないたま子も、美味しくいただけました。
残り2匹は夕飯までの間、息子の観察対象になります。(笑)

ニジマスの塩焼き

カマンベールチーズも焼きました。チーズの塩気とメープルシロップの甘さが最高!
Hさんの差し入れのビールとよく合います。(*´ω`)

焼きカマンベール

そして、残り炭でバースデーケーキ・・・みたいになってる火遊び。(笑)

火遊び

弱い雨が降ったりやんだりの中、雨音を聴き、美味しいものをつまんで、火遊びして、のんびりまったり。
キャンプ場のスタッフさんともちょっぴりお話したりして、楽しく時間が過ぎていきました。

 

シャワータイムもなんだかとっても面白かった。
ここのコインシャワーは3分?5分?で300円。たま子家は1人600円×2人分で1200円の予算でしたが・・・

えーい!一緒に入っちゃえ!

目標予算を600円に縮小。
一人が湯を浴びている間に、一人が頭を泡立てて、
一人が頭を流している間に、一人が体を洗う。

途中で止めることができない湯を無駄にしないよう、交代交代の慌ただしいシャワー。これがまた妙に楽しい!
ゆめ牧場みたいなキレイで便利なシャワーもいいけど、こういうのもいいな~。「キャンプ場のシャワーだぞ!」って感じで。
シャワーから出るとまた雨が本降りになっていて、キャーキャー言いながらテントに戻るのも楽しかったです。(笑)

 

そんなこんなで、夜になり。

夕飯は再び登場ニジマス君♪今度はホイル焼きにしてみました。

ホイル焼き

あとは、パスタと、Hさんから差し入れでいただいたサラダ。

パスタとサラダ

う~ん♪ やっぱり雨の中食べるごはんは美味い!!
雨キャン最高!雨キャンバンザイ!
来てよかったぜ、野呂ロッジ!

 

この日も短いダム放流が何度かありましたが、無事にキャンプ2日目終了。

 

 

びしょ濡れの撤収

3日目。撤収日。

朝ごはんは超絶手抜きで、昨夜の残りのパスタとフルーチェ。
袋は汚物じゃありませんよ。フルーチェですぞ。

朝食

 

前日にスタッフさんが『雨がおさまったタイミングでいいですよ。』と言ってくださっていましたが、午後は台風の影響で風が強くなりそうだったので、午前のうちに撤収することにしました。
雨は本降りでしたが、バスの時間もあるので、あまりゆっくりしてはいられません。
目標は10:30!

さ、そうと決まればサクサク動かにゃなりません。たま子家の撤収は、他のキャンパーさんよりも大変なのです。
なにせ、hinata trunk!を送り返さねばならないので、濡れたものをとりあえずゴミ袋に入れて…ということができないのです。
できる限り拭いてから入れなければいけないし、なによりも、送り返す段ボール箱を濡らすわけにはいかない。これがかなり大変です。(T T)
救いなのは、テントは濡れたままで返送できることですね。これはhinata trunk!でクリーニングや乾燥のサービスがあるので、心置きなく濡れたまま袋に入れて梱包しちゃいます。

 

なんとか、段ボールを濡らさずに梱包完了!
オーナーさんが荷運びをしてくださると言ってくださったんですが、それも申し訳ないので、20kgくらいのデカい段ボール箱3箱を息子と2人でえっちらおっちら管理棟に運び込みました。
最後の最後の、この荷運びがしんどい、、、
あぁ、もっと荷物減らすんだった、とかなり後悔しましたが、荷物を送ったのは雨予報が出る前だったのだから、悔いても仕方がありませんね。(-_-;)

 

送り返す荷物を預け、時計を見るとすでに10:45。
そして、バスは11:08発・・・どっひゃー!時間がない!!!このバスを逃すと、次は14:30頃までないのです!

テラスでちゃっかりスイカをご馳走になっている息子を恨みがましく横目で見ながら、わたわたと持ち帰りの荷物をキャリーに積みます。やばい。ほんとに時間がないわ。

 

すると、スタッフさん、

『バス停まで乗せて行こうか?』

バス停まで乗せて行こうか
バス停まで乗せて行こうか
バス停まで乗せて行こうか
バス停まで・・・(脳内でこだまする天の声)

 

あ、あ、あ・・・
ありがとうございますぅぅぅぅぅぅぅ(T∇T)

どんだけご迷惑かけるんだ、たま子!という気もしましたが、なにせ時間がほんとにヤバかったので、ありがたくお言葉に甘えさせていただきました。
しかも、最寄りの青野原バス停を飛び越えて、乗り換えの三ヶ木バスターミナルまで送っていただいちゃって、、、
感謝感激とは、きっとこういうときのための言葉なのであろう。

オーナー様、スタッフの皆さま、いろいろお手数をおかけして本当にすみません。
なにからなにまで、本当にありがとうございました。 <(_ _)>

 

そして、たま子家は無事に帰路につきましたとさ。

帰りのバス

 

 

野呂ロッジは、優しさあふれる居心地の良いキャンプ場だった

えー、青野原野呂ロッジキャンプ場の皆さま、申し訳ありません。
野呂ロッジをおすすめしてくださったGさんも、ごめんなさい。
たま子は当初、こんなことを思っておりました。

野呂ロッジには川遊びのために行きたいのであって、雨で川に入れないなら、行く意味ないんじゃね?

ここで、前言撤回いたします。

青野原野呂ロッジキャンプ場は、雨でもめちゃくちゃ楽しめる、素晴らしいキャンプ場でございました。 <(_ _)>

 

野呂ロッジはサイトが上段下段ともに横並びなので、どうしても他の人の車やテントが目に入る。景色を堪能したいなら、ぼっちサイトがある白岩渓流園の方が良いと個人的には思う。
川遊びができて、景色が良くて、サイト間が離れているキャンプ場は、探せば他にもたくさんあるだろう。
シャワーやトイレや炊事場などの施設もちょっと年季が入ってたし。

けど・・・

なんだろね?野呂ロッジのこの居心地の良さは???

たま子は、できれば他のキャンパーさんと離れた場所で、車も建物もできるだけ視界に入れずにキャンプしたい派なんだけど、なぜか野呂ロッジではそういうのが一切気にならなかったんですわ。
なんだろう?なんでだろう?なぜだかわからないけれど、とにかく居心地が良かった。
キャンプ場の空気感?が、すごく落ち着ける感じなんですよね。オーナーさんやスタッフさんの人柄がキャンプ場全体の雰囲気に出ているのかな?
こういうキャンプ場ってはじめてです。

そして一番は、やはり、オーナーさんとスタッフさんの優しさ。
しつこいくらい言いますが、ほんとにね、皆さんものすごく優しくてあったかいんですよ。
けど、鬱陶しく感じるような優しさじゃなくって、さりげなく、こっちが欲しいものをぽんってくれるような優しさと気遣いなんだなぁ。これってなかなかできることじゃないよね。

たった1回のキャンプだったけど、このキャンプ場に常連さんが多い理由がわかった気がします。
ここはまた行くしかないでしょう!
ただし、次回行くときにはもっと荷物減らそうっと、、、( ̄∇ ̄;)

 

 

 

おまけ

ペグ打ちでつぶれたマメ2つ~。

マメ

川の岩場で転んだアザいっぱーい。

アザ

同じく川の岩場でできた傷~。

傷

 

思い出は、負傷とともに。(笑)

 

 

-たま子家のキャンプBLOG
-, , , , ,