たま子流 夏キャンプの熱中症対策

夏です!猛暑です!
いやはや、なんとも、とんでもない暑さですね、、、( ̄∇ ̄;)
こんな猛暑には、おとなしくおうちでのんびり過ごすのが一番。

・・・なのですが、せっかくの夏休み、おうちに引きこもっているなんて耐えられません。

暑くたって、
わたしはキャンプにいきたいんだー!!

 

たま子流・猛暑キャンプの熱中症対策

常識的なことから、キャンプならではの対策まで、いろいろ書き出してみます。

★ご注意

これはあくまでたま子流の対策です。これをすれば絶対に熱中症にならないというものではございません。

 

テントやタープで日陰を作る

うまいこと木陰に設営できればいいのですが、いつもそうできるとは限りません。
ギラギラの直射日光の下でくつろいでいては熱中症まっしぐらですから、大きめテントやタープで日陰を作っておくのが◎!

しかし、太陽の方角は変わります。( ̄∇ ̄;)
設営時にしっかり日陰を作ったつもりでも、翌日、早朝に汗だくで目が覚めるなんてことも。
朝日、真昼の太陽、夕陽、どれを一番に防ぐか。それはあなた次第。

 

風を通す設営

強風時はともかく、許容範囲の風であれば、わざわざ防ぐ必要はないですよね。
テントの出入り口は風下というのが常識ではありますが、真夏の風が穏やかな日に関してはこの限りではないと思ってます。
出入り口や窓が2か所以上あるなら、両方開けて風を通すと気持ちいいです。

ただし、風が強い時にテントの出入り口を風上へ向けて開けておくと、下手をすればテントが吹っ飛びますのでご注意。

ヘキサやレクタなど1枚布のタープの場合、風に垂直に設営することが多いと思いますが、これも、水平に設営して風が通り抜けるようにしたほうが気持ちいい。

ウェルカム!風!

 

とにかく水分補給

当たり前ですが、とにかく水分補給!
幸いたま子家は2人とも飲み物をよく飲む人なので、『無理にでも飲まなきゃ!』というようなことはないですが、好みの飲み物に加えて、できるだけスポーツ飲料も飲むようにはしています。

気を遣うのは犬かな。あまり水を飲んでいないなと思うときには、普段はあげないスペシャルな飲み物をあげたりします。

子どもは、遊びに夢中になったりすると水分補給を忘れるので、大人が適宜声をかけて飲ませてやるのが大事。
やつらは、夢中になると喉の渇きすら忘れますからね。危険です。

水分補給の補助として、スイカもおすすめ。あれはほとんどが水分ですからね。
飲み物をいらないという子どもも、スイカならかぶりつくかも。

キャンプだとトイレに頻繁に行くのが面倒ですが、そこは頑張りましょう。脱水症状を起こすよりマシです。
寝る前にもしっかり水分補給!夜中のトイレ上等!

 

おやつや冷製スープで塩分補給

汗をいっぱいかくと、水分補給だけじゃ足りないんですよね。塩分も絶対に必要。
夏キャンプのおやつは、甘いものよりもしょっぱいものがいいと思います。

あと、おすすめは冷製スープ。
スープは塩分補給に良いのですが、炎天下にアツアツスープなんて近寄りたくもありません。でも、冷製スープなら、美味しくごくごく飲めちゃいます。
カップスープでも冷たい牛乳で作るやつがありますし、レトルトスープを冷やしてもいいですね。

 

昼食はさっぱり系

炎天下でもがっつり食います!!という方はスルーしてください。

たま子は夏の朝昼はイマイチ食欲がなくなるので、冷たい麺などのさっぱり系か、サンドイッチやパンケーキなどの軽食的なものが食べやすいです。
食べないと体力が消耗するので、軽くでもいいから食べやすいものを。

 

ミニ扇風機

今はいろんなのがありますよね。100均でもたくさん種類があってびっくりです。
おすすめは、卓上に置けるミニ扇風機と、手で持つタイプのミストファン。
ミストファンはキャンプ以外でも活躍しますね。

 

汗をかく

汗って嫌なものですよね。特に女性は気になると思います。
しかし、キャンプなのです。夏のキャンプで汗をかくのは当たり前!なにも恥ずかしいことなどありません。
汗は、気化熱で体を冷やすための重要なシステム。こまめに拭く必要などないのです。むしろ拭かないでください。

汗くさくたっていいじゃないか
だって、キャンプなんだもん

 

首に濡れタオル

冷えピタでもいいのですが、たま子は濡れタオルの方が好きです。ぬるくなっても位置をずらすだけでまた冷たいから。(笑)
小さい保冷材や氷を巻いて首にかければ、くぅぅー!!っとなります。
首の後ろを冷やすのって、けっこう効果的です。

 

水をかぶる

一番おすすめしたいのがこれ。
頭から水をかぶるんです。

え? 恥ずかしい?

キャンプなんだからよいではないですか。(*^-^*)

一度やってみてください。めちゃくちゃ気持ちいいです。一気にクールダウンできます。
そして、めちゃくちゃ楽しいです。盛り上がります。

服なんてすぐ乾きます。周りの視線は『気持ちよさそう~』って視線です。なにも問題はありません。

 

さぁ、今年の夏キャンプはみんなで水をかぶろう!

 

ご注意

炊事場の蛇口から直接水をかぶってはいけません。何かに水を汲んでから、濡らしても良い場所でかぶりましょう。

-その他キャンプ関連記事
-, ,