ソロキャン・おまけ話集

ソロキャンブログに書ききれなかった小話をいくつかご紹介。
はっきり言って、くだらないつまらない内容となっておりますので、あしからず。m(__)m

 

おまけ話① 気になる「あぁ…」

それはキャンプ場に電話を入れた時のこと。
定休日だからダメだろうと思っていたのに、快く予約を受けてくださって、たま子は舞い上がっていた。
そんな、テンション高めでの通話中。

 

管理人さん『何名ですか?』

たま子  「一人ですっ!  (* ̄∇ ̄*)ワクワク♪ルンルン♪」

管理人さん『・・・あぁ・・・・・・』

 

今でも思う。あの『あぁ・・・』には、どのような意味と感情が込められていたのであろうか。

 

念のために書いておきますが、管理人さんはとても感じの良い方で、『あぁ・・・』も、悪い感じの響きではありませんでしたよ。

 

 

おまけ話② 管理人を求めて・・・

ソロキャン1日目。その日に使う予定の氷と薪を売店で買ったたま子。
しかし、たま子はとても重要なことを忘れていたのです。それに気付いたのは2日目。

そろそろ今日の分の薪と氷を買っておこうかなー。

孤高の滝の上サイトから細い小道を下り、たま子は売店へ。
しかし、売店は開いておりません。

昨日も管理人さんはサイトの補修とかであちこち行ってたもんな。今もどっか行ってるのかな?
ま、後でもいっか。

しばしの後、トイレついでにふたたび売店へ。
しかし、まだまだ売店は開いておりません。



時間を置いて、ふたたび下山。そして玉砕。



車の音!! Σ( ̄ロ ̄lll)
あれは管理人さんのトラックだ!!行け!今だ!下山するんだ!急げ~~!!

・・・・・・電気工事のトラックでした。またまた玉砕。

 

そんなこんなで、管理人さんを求めて何度も何度も小道を往復しているうちに、たま子はふと気付きました。

今日、キャンプ場定休日じゃん?

忘れていました。そうです、この日は本来定休日。
たしかに予約は受け付けてくださいましたが、売店まで開けてくださるとは一言もおっしゃってはいませんでした。
そしてたま子も、この日にも買いたいものがあるとは一言も伝えてはいなかったのです。

 

ちーん・・・・・・・・・・(T T)

 

管理人さんのご自宅はキャンプ場内にあって、売店には「用があったらここにかけてね」という電話番号もありました。
なので、電話すればすぐ来てくださったと思います。
しかし、定休日にわざわざ来ていただくのは申し訳なく、たま子は電話をする勇気が出ませんでした。

 

 

おまけ話③ 幻のアイス

そうだ!キャンプでアイスを作ろう!!

そんな面白美味しい計画を立てていたたま子。
しかし、そんな目論見は無残にも打ち砕かれてしまいました。

氷・・・氷・・・( ノД`)シクシク…

キャンプ場の定休日を忘れ去るという大失態を犯したたま子、キャンプ2日目に氷を買えませんでした。(T T)

仕方なく、クーラーに残っている、袋半分くらいの氷で挑戦することに。
残っている氷に塩を入れてまぜまぜ、アイスの材料を入れた容器を入れて・・・

シェイク!シェイク!シェーーーーイク!!!
振るんだ!振りまくるんだ!魂込めて振ればきっと!!!



結局、アイスクリームにはなりませんでした。(T T)

でもね!シェイクくらいにはなったのよ!それはそれで、美味しかったよ!(苦し紛れ)

 

 

おまけ話④ そしてたま子は柴刈りに

はい。もうおわかりですね。
キャンプ2日目、たま子は薪も買えませんでした。

幸い、場内には生い茂る木々。
とはいえ、管理人さんがしっかり整備されているのか、サイト内には枝はほとんど落ちていません。

登る。崖を登る。斜面には枝がいっぱい落ちている。
登って、枝を拾って、降りて、また登る。

これ、何の修行ですか?( ̄∇ ̄;)

 

昼間、管理人さんを求めて何度も小道を往復した身体には、この薪拾いはかなりこたえました。

 

 

おまけ話⑤ 炸裂!アリ爆弾!

なんとか、斜面を上り下りして薪を拾い集めたたま子。
けっこう太くて長い枝がたくさん集まりました。

いつも野島で拾う枝とは違った感じで、スカスカのやつが多いなー。

なんて思いながら、適当な長さに折っていきます。

折って・・・折って・・・折って・・・

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!

ある、1本の長い枝を折った瞬間、大量のデカいアリが飛び散りました。

 

ものすごく、スカスカだなーとは思ったの。
まさか、アリ爆弾だったとは・・・(T∇T)
たま子、生まれて初めてアリをかぶりました。

 

 

おまけ話⑥ たま子、公然わいせつ!?

キャンプ2日目の夜、たま子はシャワーを浴びるつもりでした。

はい、もうおわかりですね。キャンプ場定休日で管理人さん不在のその日、たま子はシャワーにもありつけなかったのです。( ̄∇ ̄;)

どうする?どうする?たま子。
このまま、汗臭いままで、明日電車で帰るのか!?

たま子は、ボディソープと濡れタオルで、身体を拭くことにしました。

しかし、ここで問題が。
たま子はテントがないのです。中身がよく見えるタープ泊なのです。

どうする?どうする?たま子。
下に降りてトイレで拭くか?
それとも、一旦タープを閉じて、中で拭くか?



たま子は、フルオープンのタープの下で、フルヌードになりましたとさ。( ̄∇ ̄;)

だってだって、誰もいないんだもん!誰も見てないんだもん!
疲れてて、下に降りるのも、タープ閉じるのも、面倒くさかったんだもん!

これって公然わいせつ?人がいないからいいのかな。

 

一応言い訳しますが、ハンモックの陰に隠れて、シートで下半身を隠しつつ、体を拭きましたよ。

 

 

おまけ話⑦ たま子にも、怖いものがある

1日目、炊事場の明かりを消して、真っ暗闇の中で焚き火を楽しんだたま子。

楽しい~♪サイコー♪

と、ツイートしておりましたが。
実はね、ちょっとだけね、怖いこともあったの。

それは川。

なんかさ、夜の水辺って怖くないですか?
近寄ると、中から手が出てきて、引きずり込まれるような気が、しませんか?

たま子、オバケは怖いのです。

見えないし、感じない人だから、大丈夫とは思うけどね。
ちょっぴり怖くなったので、実は小さいライトを付けたままで寝ていました。

 

 

おまけ話⑧ 謎のにょろにょろ

撤収日の朝。雨。

こんな変な生き物を見つけました。

にょろにょろ

この、謎のにょろにょろは、ヤツワクガビルというそうです。
ヒルと名がついていますが、血を吸うヒルの仲間ではなく、ミミズを食べるらしい。

気持ち悪いけれど、なんだかすごいので、

お持ち帰り

息子へのお土産に持ち帰りました。(笑)

 

おしまい。

 

-たま子家のキャンプBLOG
-,