お願い♡DOD(2) デンシャノレールワゴン

あの、DODならば・・・もしかしたら作ってくれるかも!?
そんな期待を胸に、超身勝手な要望を書き綴るシリーズ第二弾です。

第一弾では、既存製品のキャンパーノ・コロコーロに、「もっとこうだったらいいなー」という改良の要望をあれこれ書き綴りましたが、今回は、

なんでこういうカートがないのよ~~~~
誰か作ってよぉぉぉぉぉ ( ノД`)シクシク…

という、積もり積もった魂の叫びでございます。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、まずは、たま子家キャンプ、これまでの軌跡をかる~くご覧ください。

最初、ハンドキャリーから、

↓ 台車になって、

↓現在はバーサカート

立ちはだかる予算の壁と戦いながら、試行錯誤してきた苦労がちょっぴりおわかりいただけたでしょうか。(T T)

バーサ君(バーサカート)との出会いによって、運搬の苦労はかなり軽減されました。

しかーし!!

まだまだこれで満足したわけではないのです。
バーサ君は所詮、都会のカート。重くても悪路でも、文句も言わずに付いてきてくれるけれど、彼が遠からず限界を迎えるだろうことはわかっているのです。
そう、わたしと彼では、住む世界がちがいすぎるのです。

バーサ君亡きあと、いったい誰がたま子家のキャンプを支えてくれるというのでしょう?

探してみました。

が、バーサ君以上の存在は見つかりませんでした。

ないのなら つくってみせよう ワゴンカート

というわけにはいきません。
なので、DODさん、作ってくれません?( ̄∇ ̄;)

 

デンシャノレールワゴン(仮)

求めるのは、

バーサ君と、

この子の、

融合体。

 

改札をスムーズに通れるサイズ

電車キャンパーが使うカートなのであるからして、改札をスイーっと通れるサイズであることは最優先事項。
その点、バーサ君は優秀だ。たっぷりと積載できるわりに、改札を余裕で通れる幅なのだ。

さらに言えば、

  • タテ・ヨコ・高さの合計が250cm以内であること。(多くの電車の持ち込み規定がこのサイズまで)
  • 電車内の車いすスペースにおさまるサイズであること。
  • エレベーターに乗って顰蹙を買わない程度のサイズであること。(個人的にはベビーカーと同面積くらいまでと思っている)

バーサ君のサイズはこちら。
外寸: 奥行き約56cm×幅約47cm×高さ約94cm
内寸: 奥行き約43cm×幅約36cm×高さ約50cm

そして、テントファクトリーのワゴンのサイズはこれ。
外寸: 奥行き83×幅62cm×高さ103

テントファクトリーのワゴンの方がデカいのである。たぶん電車に乗るのは厳しいサイズ。
なので、サイズの基準はバーサ君とする。でもあとほんのちょっとだけ内寸が大きいと嬉しい。

理想サイズ
外寸で、奥行 55cm以内、 幅 50cm以内、 高さ 95~105cmくらい
(持ち手が伸縮可能だと嬉しい。)
内寸は、奥行 43~50cm、 幅 40~45cm、 高さ 60~65cmくらい。

 

強靭で小回りのきくタイヤ、もりもり積める耐荷重

都会っ子バーサ君をキャンプに連れまわした結果、

後輪左 1

こんなにタイヤがすり減ってしまいました、、、( ̄∇ ̄;)

やはり、キャンプの相棒としては、積載重量に負けないフレームと、屈強なタイヤが必要です。

バーサ君の耐荷重は、フレーム50kg、バッグ30kg。
しかし、ご覧の通りタイヤがもちません。バッグも傷みが激しいです。小回りが利く点は素晴らしいんですけどね~。

テントファクトリーのワゴンは、耐荷重60kg。バーサ君より力持ちですが、見た感じタイヤはちょっと不安かな。

理想
耐荷重: 60kg
小回りが利いて、なおかつ、ごっついタイヤ。
丈夫なバッグ。バッグ底板付き。

 

押す・引く、両方の持ち手

持ち手は、テントファクトリーのワゴンの方が断然いい!(たぶん)
バーサ君のベビーカーみたいな持ち手よりも押しやすそうです。
あぁでも、小回りはバーサ君の持ち手のタイプの方がいいのかしらん???これは試してみないとわからないな。

多くのアウトドア用カートの持ち手は引くタイプですが、電車に乗るなら絶対に押すタイプじゃないとダメ。引くタイプだと、スムーズに電車に乗り降りできません。
しかし、
電車以外では、やはり引いて歩きたい時もある。
ということで、両方ついてたら嬉しいな。

 

車内で安心、ストッパー付き

電車に乗るならこれは絶対欲しい!切実に欲しい!タイヤのストッパー!
車内だけでなく、傾斜のあるホームでも、ストッパーがあると安心です。

 

フタは必須。でも一部は開けたい

バーサ君のバッグのフタ。これは電車移動では有難い。フタするとスッキリ見えるもんね。雨対策としてもフタはあったほうがいい。
でも、長いものを縦に入れると、フタが閉められないんですわ。( ̄∇ ̄;)

なので、

 

こんな風に2つフタがあるといいな。
でもって、フタ、取り外しできるといいな。

 

小物ポケット

せっかくいい感じに物をぶら下げられそうなフレームなのだから、いっそ小物を入れられるポケットを作ったらどうだろう?
たま子は100均で買ったやつをバーサ君にぶら下げているけれど、

これ、テントファクトリーのワゴンみたいなフレームだと、もっとスマートに付けられるよね。
同じ生地の専用品だと、見た目もいいよね。
これはぜひ標準装備してほしいなぁ。

 

オプションパーツ・ドリンクホルダー

ワガママ度はここからさらに加速していきます。

よし、どうせならドリンクホルダーも付けちゃおう!フレームに付けられるよね。
徒歩+電車でえっちらおっちら荷物を運ぶんだから、喉乾いちゃうもんね。
これはオプションパーツで別売りでもいいかな。

 

オプションパーツ・傘ホルダー

なんなら、傘ホルダーも付けちゃいましょうか♪
100均の自転車用傘ホルダーでも付けられそうだけど。

 

オプションパーツ・子どもステップ

言いたい放題はまだ続きます。

小さい子がいるなら、こんなのもあったら便利じゃない?
ベビーカーに付けるやつ。これ、カートにも付けられるんじゃね?

 

オプションパーツ・ベビーチェア

そうだ、もっと小さい赤子なら、こんなのどう?
付けられるんじゃね?
もはや無茶ぶりすぎかしら、、、( ̄∇ ̄;)

 

オプションパーツ・ペットキャリー

子どもが乗るなら犬も乗るだろう!
↑のベビーチェアを、ペットキャリーにすればいいのだ!

 

テーブルに変身!

あ!そうだ、テーブルになるキャリーワゴンってあったよね。それ真似しちゃおう!
食事テーブルとしては使いにくいだろうけど、調理台にはいいよね。
天板が別だと荷物が増えるから、いっそ、はじめからフタを天板になるように作っちゃおうか。もしくは、バッグの底板を天板兼用にしてもいいかもね。ね?

 

ちょっと一息、折り畳みチェア

テーブルになるなら、イスにもできるだろう。
チェア付のキャリーってあるよね。こんな風にチェア付けちゃおう!

 

ポールホルダー

あ、そうだ!うちね、時々ね、バーサ君にランタンぶら下げるのよ。でもやっぱり高さが低すぎるのよ。
DODにチンアナゴペグってあったじゃない。これね↓。


こんな感じのホルダー部分を、カートに付けたら便利じゃない?
手持ちのポールをそこにセットしてさ、ランタンハンガーでランタンぶら下げてさ、どこでも好きな場所にすぐ持って行けるじゃない?
あぁこれ、あったら目茶苦茶便利そうだわ。

 

えーと、あとは・・・あとは・・・もう思い浮かばないや。(笑)

 

えー・・・、後半はかなり言いたい放題の無茶ぶりでしたが、前半は十分に実現可能なんじゃないかな?
キャンパーノ・コロコーロを作ったDODならば、いつか、きっと、作ってくれるはず!
待ってます。(*´ω`)

-その他キャンプ関連記事
-,