そうだ、2泊で行こう!

2016/11/26

8/19、シングルマザーたま子と息子(小3)は、無事、はじめてのキャンプに行ってきました。

がっ!

なんか、物足りない・・・・・(-_-;)

むちゃくちゃ楽しかったけど、
初めてにしては設営もなかなか上手にできたと思うけど、
なんか・・・なんか・・・そう、あっという間に終わってしまった感じ。
もっとキャンプした――――――い!!!

と、いうことで、

そうだ、2泊で行こう!!

2泊なら、たっぷりじっくりキャンプを満喫できるだろう。
朝、撤収していくキャンパーさん達を見送りながら、まーったりと2日目突入!って、考えただけで楽しみ~♪(*^-^*)

あぁ、でも、至極現実的な問題が・・・
もうほとんど予算がないよぉぉぉぉ~~~~~~~(T∇T)

2泊キャンプできるとすれば、9月の連休しかない。それを逃せば冬・・・は嫌なので、来春になってしまう。来春までなんてとても待てん。ここはどぉーーしても9月の連休に行っておきたい。
けど、今からめっちゃ仕事を頑張ったとしても、9月の連休までに給料ウン万円プラスなんて無理すぎる、、、かといって、今の予算じゃ、とても便利屋さんは頼めないしなぁ。
うーむむむむむ・・・・・・

よし。

頼めぬなら 自力で行こう 2泊キャンプ(字余り)

そうよ。せっかくのセカンドキャンプだもの。どうせなら、この前とは違った楽しみ方をするのもいいじゃないか。
よし、極限まで荷物を減らして、電車で行こう!<(`^´)>

さっそく計画してみた。

電車で行く、母子セカンドキャンプ

決行日は9/21~9/23。(行くと決めたその日のうちに予約を入れてしまいました。)
場所は、前回と同じ野島公園キャンプ場。

本当に車なしで行けるかどうか考えてみる

行程としては、
自宅 → 京急○○駅 → 京急金沢八景駅 → シーサイドライン野島公園駅→野島公園

さて、問題は、電車に乗れる荷物量にまで減らせるかどうか。
京急は、3辺合計250cmまでOK。
シーサイドラインは3辺合計90cm・・・(-_-;)
やはりネックはシーサイドラインだ。しかし、幸いにして、金沢八景から野島公園まではたったの1駅。もしシーサイドラインに乗れなくても、気合いで歩けないこともない。
でも、京急もちょっと不安要素がある。250cmまでOKとは言っても、それはほかの乗客の迷惑にならないことが前提。混んでる車内ではアウトなのだ。
意気揚々と行ってみたものの、改札前で「お客様、申し訳ありませんが・・・」とくれば、泣く泣く家に引き返すしかない。
大型連休だからなぁ。混む可能性高し、だよなぁ。

そうなると、業務用台車で行くのは無理。小型台車も・・・厳しいかもしれない。すると、残る道はキャリーカートか。
これくらいならベビーカーより場所とらないくらいだし、混雑する時間帯をはずせば電車に乗せてもらえるだろう。
もちろん、できるだけ邪魔にならないように、はじっこで小さく縮こまって乗らなければいけないけれど。

キャリーカート・・・に、いったいどれだけの荷物が積めるのであろう・・・(T∇T)うぅぅ
相当がんばって荷物減らさなきゃならんわね。

荷物をどれだけ減らせるか考えてみる

持って行けるものは、

  • キャリーカート(たま子担当・重いもの)
  • 旅行用スーツケース(息子担当・軽めのもの)
  • デカいリュック(たま子担当)
  • 中くらいのリュック(たま子担当)
  • 犬の小型キャリー(たま子担当)
  • 子供用リュック(息子担当)

たぶん、これが限界点だろう。
え?たま子担当のリュックが2つあるじゃないかって?
そりゃあなた、リュックは背中に背負わなければならないという決まりはないもの。前後に2つ背負ったっていいじゃないか。すごい姿になるだろうけどね。(笑)

さて、今回は2泊なので、普通に考えれば前回よりも荷物は増える。それをどう減らすか。

イス、BBQグリルはレンタルでいい。炭も(高いけど)現地で買おう。
テーブルは・・・持って行きたいけど、最悪なくてもなんとかなるだろう。いざとなれば犬のケージをテーブル代わりにもできる。

あとはやっぱり、食材だな。
2日分の食料・飲料を持って行くのは無理すぎる。1日分でもきつい。
んじゃ、食料・飲料はぜんぶ諦めて、設営を終えてから金沢八景のダイエーで買い出しをしよう。うん。

そうすると・・・

■キャリーカートに乗せるもの
テント、タープ、犬キャリーケージ(分解して乗せる)、インフレーティングマット2本、虫捕り網の棒、ペグやハンマーなどの重い小物、シート2枚
(乗せられたら、テーブルも。無理なら諦める。)

■旅行用スーツケースに入れるもの
着替え、寝具、洗面・衛生用品、薬・虫よけなど、タオル5枚くらい

■デカいリュックに入れるもの
ランタン・懐中電灯、シングルコンロ、クッカーセット、調理道具、保冷バッグ、虫捕り網の網部分

■中くらいのリュックに入れるもの
犬用品、・サンダル2人分、細かいものいろいろ

■子供用リュックに入れるもの
重いと力尽きる可能性があるので、息子自身の軽いものだけ。上着、傘、タオル1枚、携帯用虫かご、おやつ、小物

■犬キャリーバック
犬(重いから、電車に乗るとき以外は自分で歩いてもらうことにする。)

だいたいこんな感じだろうか。厳しい戦いになりそうだ。
しかし、この戦いを終えたとき、たま子の根性と筋肉はひとまわり成長していることだろう。
きっと・・・・・・

 ⇒ 車なしで行く!母子キャンプ in 野島公園1

-たま子家のキャンプBLOG, はじめての母子キャンプ
-, , ,