初キャンプで「持ってけば良かった!」と思ったもの

2016/06/26

母子家庭の母と息子、はじめてのキャンプ。
だぁぁぁぁ!持ってくればよかったぁぁぁぁ!!!
と思ったものなどを、独断と偏見によるランキングでざざっと書き出してみました。

 

<持って行けばよかったもの BEST 5>

第1位 カメラ&スマホの予備バッテリー

忘れたわけじゃないんですよ。必要なのはわかっていたんです。
でもでも、カメラの充電ケーブルも、スマホの予備バッテリーも、家中探しても見つからず、、、あぁ、どこにいるんだい?君たち・・・(T∇T)
結局、スマホの充電を持たせるために、ろくに写真も撮れませんでした。
思い出は、心のアルバムへ・・・
なーんてかっちょいいこと言っても、やっぱり写真は撮りたかった。

第2位 ぞうきん

これは完全に失念してた。
あらゆるものが汚れるキャンプで、ぞうきんやふきんは必須ですね。

第3位 身体を拭くシート、制汗剤など

これはなくても別に困らなそうですが、切実に「持ってくればよかった!」と思ったもの。
とにかく、身体が臭いんです!
濡れタオルで身体を拭いたりはしましたが、すぐ汗をかくし、すぐ臭くなる。
特に、足なんかはもう、自分でも失神しそうなくらい臭かった!( ̄∇ ̄;)
デオドラント効果のある拭きとりシートや制汗剤は、女性ならぜひ持って行きたい一品です。

第4位 Tシャツあと1枚

これも、理由は上と同じ。とにかく臭くなる・・・(T∇T)
大人だから水遊びでべちゃべちゃになることもないだろうし、1かわり持ってけばいいや。なーんて思っていましたが、せめてもう1枚Tシャツがあれば・・・
朝着替えたのに、撤収作業でまた汗をかき、帰りの電車に乗るのはかなり勇気が要りました。

第4位 楽ちんな短パン

キャンプだから、Gパンのまんまで寝てもいいや。
と思っていましたが、やっぱり寝るとき用に短パンくらいは欲しかった。
当たり前だけれど、Gパンじゃ窮屈で、ええい!鬱陶しいわ!と脱ぎ捨ててしまいました。
とはいえ、いくらテントの中でも、さすがにパンツ姿で寝るのははばかられ。
苦肉の策として、キャミソールをスカート代わりに。
次は絶対短パンも持ってくぞ。

<あってよかったもの BEST 5>

第1位 天然ハッカスプレー

これ、素晴らしい!
普段から蚊に愛されるたま子ですが、これのおかげでキャンプ中の虫刺されはなんとゼロ!びっくりするくらいの効果です。
ただし、臭いは強烈!めちゃくちゃハッカ臭がします。
しかも、ハッカ臭が汗の臭いと混ざりあえば、もうもうもう、You're number one!
異臭クイーン間違いなし。(笑)

第3位 タープ

テント広いし、ひさしもあるし、タープはいらないかなぁ?なーんて思いかけたたま子ですが、いや、タープは必要だった!
雨の中、狭々しくテント前でBBQなんて無理だわ。ほんと、持って行ってよかった。
雨が降らなくても、お日様ギラギラならやっぱり日よけは欲しいし、持って行っておけば安心ですね。

第3位 サンダル

水遊び用に、と持って行ったのですが、テントの出入りでいちいちスニーカーを履いたり脱いだりするのは面倒。
トイレに行くときなどにも、サンダルが重宝しました。

第4位 犬

犬を連れて行くということは、それだけ手間も荷物も増えるということ。正直、連れて行こうかどうしようか迷ったのですが、犬連れキャンプはマジ楽しかったです。
他のキャンパーも犬を連れていたし、犬散歩の人も多かったので、会話のきっかけになったりもして。
もっとも、太陽ギラギラの日だったなら、熱中症対策でもうちょっと大変だったかもしれません。
人間でもクラクラする暑さの中、連れまわすのは危険ですもんね。

第5位 小銭入れ

キャンプに限らず、外遊びの時はいつも小銭入れを持ち歩いています。
キャンプではテントを離れることも多いですし、大きなお財布を持ち歩くのも邪魔ですよね。遊ぶ時は、できるだけ身軽で遊びたい。
なので、今回はいつものお財布は持たず、札も折りたたんで小銭入れにIN。ウェストポーチひとつで動き回れるようにしました。

<なくてもよかったもの BEST 5>

第1位 台車

現地に行ってはじめてわかったのですが、野島公園では、リヤカーの貸し出しが!
なんだよー、台車なくてもよかったやん、、、

第2位 どこでも卓球セット

ふたりっきりのキャンプなので、息子がヒマと言い出したとき用に持って行きましたが、いらなかったな。
子どもは、そこにあるもので十分楽しめる。

第3位 化粧と化粧品

朝、顔に塗ったファンデーション。もったのは1時間半ほどでございました。
いざ設営をはじめればもう、滝汗で溶け崩れ、濡れタオルで拭きとられ・・・
だからといってわざわざ化粧直しするのも無駄だし、キャンプでそんなことするのもバカらしいし、第一、キャンプ場でおばちゃんの化粧を気にする人などいようはずもない。
はじめっからすっぴんで行けばよかったわ。
化粧品も然り。
電車で帰るからと思い、一応、ファンデーションと眉ペンだけは持って行きましたが、結局使わなかった。
化粧がどうのの前に、異臭漂ってましたしね。( ̄∇ ̄;)
(↑帰りの電車では徹底的に人を避けました。)

第4位 ランタン1個

テント内用と外用に、ランタンを2個持って行きましたが、野島公園キャンプ場は街頭でかなり明るかったし、1個で十分でした。

第5位 こまごまとしたものいろいろ

キャンプ初心者ということもあり、あれもこれもと、いろいろ細かいものを持って行ってしまいましたが、使わなかったものも多かったです。
ビニールひもや、食器用の洗剤、ハンドソープ・・・など。
野島公園キャンプ場では、洗剤もスポンジもハンドソープも備え付けであったので、こういった細かいところも事前に確認しておけば、もう少し荷物を減らせたかな。

-はじめての母子キャンプ
-, , , ,