電車キャンプの裏技・キャンプ場でアレが使えるかも!?

こんにちは。電車キャンパー(時々自転車キャンパー)のたま子です。

キャンプって荷物がたくさんで、車がないとなかなか厳しいですよね。
キャンプ用品は、宅配便やhinata trunk!などを駆使して送ることもできますが、意外と困るのが食料品
キャンプ場で食材を販売していたり、近くにお店があれば現地調達もできますが、それも厳しい場合は、食料品だけでもかなりの荷物になります。

で、たま子は発見しました。

なんと、場所によってはネットスーパーが使えちゃうのです!!

以下はたま子のホームである野島公園キャンプ場の例です。

使えたのは、イオンネットスーパー 金沢八景店
まさかキャンプ場でネットスーパーの受け取りはできないだろうなぁ、と、ダメもとで問い合わせてみましたら、まさかのOK!

ただ、利用するにはいくつかポイントがあります。

1)クレジットカード払いにする
現地で現金払いはNGでした。

2)受取場所は青少年研修センター前
キャンプ場での受け取りはNG。キャンプ場目の前の青少年研修センター前だとOKでした。
たま子の場合、登録住所を、
住所+青少年研修センター前ロータリー受取(到着時TEL)
にしています。

3)素早く受け取ること!
ネットスーパーの配達の方を待たせてはいけません。到着の電話がきたら、すぐに、すぐに!受け取りましょう。
受取時間はすぐに行けるようにしておくといいですね。
あまり待たせて、次回から配達してもらえなくなっては困りますからね。

 

これは、あくまでイオンネットスーパー・野島公園の場合です。
場所によって、あるいはお店によって、利用できるかどうかは違いますので、まずはカスタマーセンターに確認してみるといいと思います。

キャンプ食材の配達サービスなどもいろいろありますが、お高いので…( ̄∇ ̄;)
こんな風にネットスーパーで安い食料品を買えるのは嬉しいですね。

 

 

-その他キャンプ関連記事
-, ,