たま子家流・雨キャンの楽しみ方

梅雨です。
と言っても今年は空梅雨っぽい様相ですが、一応梅雨時期まっただ中です。

おそらく、日本国民の大半から嫌われまくっているであろう梅雨。
雨でキャンプを諦める方も多いようで、たま子のホーム野島公園キャンプ場では、いつも雨予報が出るとキャンセルが続出いたします。

しかーし!

雨キャンには雨キャンの良さがある!
寒い時期ならともかく、この時期の多少の雨ならば、諦めるなんてもったいないではありませんか!
雨キャンの楽しみ方と言っても人それぞれですが、たま子家の例をご参考までに。(*^-^*)

 

たま子家の雨キャン対策

キャンプサイト

雨が多い時期には、できるだけ浸水の危険が少ない、水たまりにならないサイトを選びます。
ポイントは、水が溜まりそうな窪みが少ないこと、水が流れてきそうな傾斜の下側は避けること。

装備

それほど特別な装備変更はありませんが、雨でも過ごしやすいように、広めの2ルームテントか、テント+タープを用意します。
あとは、濡れたものを入れるための多めのゴミ袋。
それだけ。

着替え・タオルなど

レインウェアの上下と、サンダル、多めの着替え、多めのタオルを用意します。
雨なのにサンダル???と思われるかもしれませんが、運動靴がしめって気持ち悪い思いをするよりも、サンダルに履き替えて濡れ放題の泥まみれで歩き回ったほうが、後が楽ですし楽しいです。

 

たま子家の雨キャンの過ごし方

特にこれと言って変わりはないです。晴天キャンプとほとんど同じように過ごします。
状況によって水遊びをやめたり、遠くまで散歩するのをやめたりすることはありますが、普通にご飯作って、普通に遊んで、普通に焚き火します。

雨キャンで焚き火するとなると、燃えにくいコットン素材などのタープがあるといいのですが・・・残念ながらたま子家にはございません。だって、高いんだもん、、、( ノД`)シクシク…

たま子家にあるのは、よく燃えそうなタープのみ。
なので、雨がやむ時間まで待つか、穴あき覚悟でタープ下でやります。
タープ下でやるときは、一応、薪少な目で炎抑えめに。焚き火台も少し低くしてタープと距離を離して。
本当は燃えやすい素材のタープ下で焚き火するのは良くないんですけどね。穴が開いても惜しくないほど安いタープなので、自己責任でやってます。
(でも、おすすめはしません。)

 

雨の時の子どもとの遊び方

子連れの雨キャンプで一番悩むのがこれじゃないでしょうか。
たま子も、最初のころは『雨だとテントの中で退屈するだろうなぁ』と思いまして、あれこれと遊び道具を持って行っていました。

が、

結局なんにも使わねぇwww

どこでも卓球セットも、トミカと道路も、お絵かきセットも、ほとんど使わずじまい。
んじゃ、たま子家息子は雨の中いったい何をして楽しんでいたかというと・・・

 

雨を楽しむ

まずは普通に雨を楽しみます。
傘なんていりません。我が身で直接雨を感じるのです。
寒い時期だとレインコート必須ですが、暑い季節ならずぶ濡れになっても無問題。後で着替えればいいんです。
雨に濡れる。ただこれだけのことが、なぜか楽しいのが子ども。

↓は、雨の中カートを押してひたすら徘徊している息子。なんだか哀愁漂う写真ですが、これでも本人は楽しんでいるのです。

雨の中、徘徊中

 

水たまりに突撃

みんな大好き水たまり。
靴下なんぞ脱ぎ捨てて、サンダルでばしゃばしゃ突撃します。
男の子は間違いなくズボンまで泥んこになるので、レインズボンを履かせるか、スッパリ諦めましょう。

 

泥いじり

みんな大好き泥いじり。
拾った棒で穴を掘ったり、手でぐちゃぐちゃ楽しみます。
ひどい雨の時は親子で長~い水路作りも楽しいですね。
ただし、遊んだあとはきちんと土を平らにならしておきましょう。凸凹のままで撤収すると、次の人が困ります。

泥遊び

 

滝行

テントやタープに雨水がたまらないよう、ポールやロープを足して雨どいを作ったりしますよね。
それ、ちょっとやめます。
タープにある程度水が溜まってきたら、子どもを下にスタンバイ。
ザァーーーーっと雨水をぶっかけます。子ども、喜びます。

 

雨の日の生き物探し

雨の日ならではの生き物探し。カタツムリやナメクジ、ミミズ、なんかよくわからんニョロニョロしたやつなど、普段は隠れているような生き物を探すのも楽しいです。
たま子家は雨キャンでこんなのも捕獲しました。

カエル!

 

たま子流(?)雨キャンプを楽しむ秘訣

雨のキャンプを楽しむ秘訣は、ズバリ、

雨を楽しむこと

だと、たま子は思っております。

うちの息子は自分で遊びを見つけて勝手に楽しんでくれますし、たま子も雨は嫌いではないので、ちょっと濡れてみたり、テントで雨音を聴いたりして、それなりに楽しめます。

もちろん、これは人それぞれなので、濡れるのが嫌な方や、子どもが泥んこになるのが嫌な方には当てはまらないでしょう。
テント内で雨音を聴きながら本を読んだり、映画を観たり。
持参したボードゲームで遊ぶという方もいますし、外で遊べないかわりに手の込んだキャンプ飯にチャレンジするという方もいると思います。

キャンプに『これが正解!』なんてものはないので、雨キャンの楽しみ方だって十人十色でいいと思います。
ただ、ひとつだけ。

雨キャンだって、楽しいんだぞ~~~~!

ということで、みんな、行こうぜ雨キャン♪
(* ̄∇ ̄*)

 

 

-その他キャンプ関連記事
-,