キャンプデートで破局しないために・・・『こんな彼氏は嫌だ!』

青い空、そよぐ風。
揺れる炎を見つめて恋を語り、
ひとつテントで寄り添うふたり・・・

普段とは違った開放的なキャンプデート。テキパキとテントを設営したり火をおこしたりする彼の姿に、惚れ直す彼女も多いはず♪

しかーし!

キャンプデートには、思わぬ落とし穴も。
〇年の恋が1泊で冷める・・・なんてことがないように、ご注意あれ。

 

キャンプデート こんな彼氏は嫌だ!

おばちゃんキャンパーたま子が独断と偏見でピックアップしてみました。

設営できない彼氏

この日のために奮発して買ったピッカピカのテント。
『わぁ♪すごーい♪』 彼女のテンションも上がって、彼氏君は鼻高々。

でも・・・

説明書を見ながら、あーでもないこーでもないと、延々設営できないのではお話になりません。
挙句の果てに初期不良でもあったなら、The END。(-_-;)
せめて事前に設営練習くらいはしておきましょう。

 

火をおこせない彼氏

しっかりネットで調べてその通りにやっているのに、いつまでも煙もくもく・・・付近は大迷惑、、、(-_-;)
なんてこと、よく聞きます。
これでは見守っている彼女もハラハラしてしまいますね。

慣れていないなら、難しい火おこしの方法にチャレンジせず、素直に着火剤に頼ったほうが無難です。

 

イライラする彼氏

設営や火おこしが上手くいかないからといって、イライラする彼氏には幻滅です。
『あたし、帰る!』と彼女が言い始めたら、もう手遅れ。
ひとりでキャンプしてください。

 

彼女をほったらかす彼氏

『俺に任せろ』と言える彼氏はカッコいいですが・・・
1から10までぜーんぶ彼氏がやっちゃって、彼女は放置。では論外です。

ちょっと待って。今あなた、誰とキャンプに来ているの?ひとりでやりたいならソロで来なさい。
『君はゆっくりしていていいよ』の気遣いも、過ぎれば仇となります。

設営など大変なことは自分がやって、彼女にできそうなことはさりげなくお願いする。
これが一番。ふたりの絆も強まるでしょう。

 

気遣いがなさすぎる彼氏

女の子はいろいろと大変なのです。
キャンプだからといって、最低限の身だしなみは必要なのです。

あなたは顔を洗わなくっても、着替えなくっても平気かもしれませんが、彼女のことは気遣ってあげましょうね。

鏡や汗ふきシート、多めのタオル。彼女のために+α持って行ってあげると、あなたの株が上がります。

 

うんちくを語る彼氏

キャンプ慣れしている彼氏ってカッコイイですね。
でも、それも限度があります。
せっかくの二人の夜、延々とランタンについて熱く語られても困ります。

 

彼女よりテントが大事な彼氏

彼女がうっかりテントを傷つけたからといって、怒ってはいけません。
『あたしとテントとどっちが大事なの!?』と言われてテントと答える人は、キャンプデートはしないほうがいいでしょう。
そんな人は、ソロで行って大事なテントを愛でていてください。

 

マナー違反の彼氏

いくらキャンプ慣れしていても、マナーを守らない彼氏は嫌です。カッコ悪いです。
一緒にいることが恥ずかしくなります。

ランタンを磨く前に己を磨け

 

トラブルを起こす彼氏

彼女連れだからってイキがって、隣近所のサイトとトラブルをおこすような彼氏は絶対に嫌です。
もし大喧嘩になったらどうするの?彼女巻き込んだらどうするの?

自分のプライドより彼女を守れ。

 

発情する彼氏

ひとつテントで寄り添って、愛を深めるキャンプの夜。
でも、健全なるキャンプ場で発情してはいけませんよ。
テント内といえども、周囲は公共の場。蠢くシルエットや音は周りに筒抜け。迷惑千万です。
テント外は・・・下手したら犯罪になります。(-_-;)

『ママー、あのひとたち何してるのー?』
なんて、いたいけな子どもに言わせないように!

もしも真っ最中に周りから注意されたりしたら、彼女の恥ずかしさハンパないですよ。

 

 

マナーを守って彼女を気遣い、楽しいキャンプデートをどうぞ。

 

-その他キャンプ関連記事