段差も芝生もなんのその♪キャンプの相棒バーサカート

皆さまごめんなさい。たま子は前言撤回します。

今まで、アイドルキャリーweego君を褒めちぎってきたたま子ですが、この度、もっともっと素敵な出会いがありました!
今やweego君は過去の存在。たま子の心は新たな相方にがっちりと鷲掴みにされております。

その彼の名は、バーサ君!


Versa Cart バーサカート フォールディング ショッピングカート (ネイビーブルー)

 

電車の改札を楽々通れるサイズが◎!

サイズはD56cm×W47cm×H約94cm。(バッグサイズはD43cm×W後41・前36cm×H50cm)重さ4kg。B型バギー(ベビーカー)のように畳めます。

このサイズ、電車の改札をすっと通れます!(←これ重要!)
電車内でも、車いす・ベビーカースペースに乗れば邪魔になりません。
そして何よりも、見た目がすっきりしてるので、台車よりも世間様の注目を集めにくい。
たま子は以前からこういった布タイプのワゴンカートが欲しかったのですが、アウトドア用のって大きいんですよね、、、(-_-;)
このタイプのこのサイズ、他では見つかりませんでした。

 

段差も芝生もなんのその。感動の走り!

使ってみて感動したのが、その楽さ!
実は、前相棒のweego君は、平坦な道ではラックラクでしたが、段差がものすごく苦手だったんです。
凸凹道や駅構内の点字ブロックでは、前輪がつっかえてひっくり返らないように、かなり気を使っていました。

ところが!このバーサ君は、凹凸も点字ブロックもスーイスイ♪
ためしに息子にバトンタッチしてみましたが、小4の子供でも約20kgの荷を積んだバーサ君をスイスイ押して歩けました。これはすごいです。
しかも、後ろ側に力をかけやすいので、前輪を浮かせるのがすごく楽。大きな段差を超えたり、電車に乗り込むときに感動しました。

そして、weego君では汗だくになるくらい大変だった、芝生や土や石畳。これもバーサ君は難なくクリア!
これはキャンプではポイント高いです。

 

ちょっと気になるポイント

かなり褒めちぎってしまいましたが、気になる点もちらほらあります。

まず、耐荷重が不明なんです。
バーサ君の作りをよく見てみると、重さを支えている部分がちょっと心もとない気がしてきます。

バッグの上部、後ろ側はバックルが付いたベルトでフレームに固定してあり、前側は、フレームにかぶせるような形で取り付けられています。

バッグ上部

 

上がこうなら、下はフレームがしっかり支えているのかな?と思いましたが・・・
こんな構造になっていました。

下部

平面で支えているわけではないんですね。中央の丸い部分で重さを受けて、四方に伸びたフレームに分散される、という仕組みのようです。

つまり・・・

荷物の重さは思いっきりバッグにかかる構造なわけで・・・、そのバッグをフレームが支えていることになるわけで・・・
フレームは頑丈かもしれないけれど、生地や縫製は大丈夫???(;´・ω・)

商品説明には、
過度な重量物や荷重が一点に集中するような重い物を載せないようにしてください。』とありました。
たしかに、これは重さが平均的にかかるように積まないと怖いですね。でも、はしっこにポール載せたりもするだろうし・・・。
それに、過度な重量物ってどれくらいなのでしょう???目安として耐荷重の設定がないと、わかりませんよね。

ちなみに、このバッグの底に敷くマットもおまけで付いていましたが・・・

マット

銀マットです。布地を保護する程度のモノです。

 

さて、どうにかバッグにかかる負担を減らせないか、重さをフレームに直接支えさせられないか、と考えた結果、こうなりました。

万能ステンレス台登場

万能ステンレス台がピッタリサイズです。
板があると良かったのかもしれませんが、なかったので。(^-^;)

これだと、下部中央のフレームが直接しっかり支えてくれるので、バッグにかかる負担はいくらかましになったはず。
あとは、1点に重さが集中しないように、とがったものが底にあたらないように、注意すればなんとかなるかな?

そのうち、ピッタリサイズの板でも切り出すか。

 

あともう1点、タイヤもちょっと気になります。
なんだか安っぽい気がするんですよね。プラスチックみたいな素材で、、、
走行音は静かですし、小回りもきくし、機能的には満足なのですが、すぐ壊れたりしないかな?若干不安ではあります。

タイヤ

 

 

実際に重いものを積んで使用した感想

実際に重い荷物を積んで、近所を一周してみるという、大変バカげたことをしてみました。

約15kg

楽々です。スイスイです。凹凸も段差もへっちゃら。まったく気になりません。
ベビーカーを押しているくらいの感覚です。

約20kg

15kgに比べるとほんのちょっぴり重く感じましたが、まだまだ余裕でスイスイ押せます。
総量約20kgの荷物でBBQに出かけましたが、道中、子どもでも楽に押せました。
電車の乗り降りもスムーズ。

約25kg

ちょっと重くなりました。が、平坦な道ではまだスムーズに押せます。
地面の凹凸や公園の砂地では少々ひっかかりを感じましたが、強引に押し進められます。

約30kg

平坦な道では普通に押せますが、腕に重さを感じます。
地面の凹凸は引っかかりやすくなりました。前輪を浮かせ気味にすると楽に越えられますが、でこぼこ道はきついかも。
『スムーズに押せる』という点を重視すると、これくらいが限界点かな?という気がします。
バッグへの負荷もちょっと心配になる重さです。

 

長々いろいろ書いてしまいましたが、楽に荷運びするという1点においては、このバーサ君はかなり優秀です。
耐荷重は台車にかなり劣るものの、たま子は彼の走りに惚れました。(笑)
できるだけ気遣いつつ、仲良く連れ添っていきたいと思います。(*^-^*)

(なんて言いつつ、どこぞのアウトドアメーカーからこのサイズのカートが出たら、また飛びつきそうですが、、、)

 

 

-アウトドア用品いろいろ
-, ,