キャンプの獲物 その後

前回のキャンプでGETした獲物。

キャンプの獲物

その後、たま子家で元気に暮らしております。

両生類はあんまり好きじゃないんだけどね。そのはずなんだけどね・・・
こんなイボイボの生き物でも、見てるとなんだか可愛く思えてくるのはなぜだろう(笑)
こういうのを『愛嬌ある』って言うのだろうか??? それともたま子の趣味がこいつまでカバーするほど広かったのか・・・(いや違うはず!)

ま、こんなんでもショップで買えば高いのだろうし、息子氏も気に入っているようだし、可愛いかどうかはともかくとしてスゴイのは確かだし、人に見せたらいいリアクション返ってくるし・・・。
と、いろいろ言い訳をつけて飼っております。( ̄∇ ̄;)

 

おうちも買い揃えました。

新居

いろいろ調べると土が一番いいらしいけれど、ダニ&カビは絶対に嫌なので、犬のペットシーツ敷きで我慢してもらうことにする。
掃除が楽だし、水を含ませておくと湿度が上がるので、これがなかなか便利なのですわ。

シェルターと水場はちょいと奮発。こういうのって高いんよね。(-_-;)
更に奮発して、人口の植物も購入。ペットシーツ敷きなのがアレだけど、緑があるとちょっぴり雰囲気出ますよね。

コイツ、あんまり汚さないから臭いは全然しないし、うるさくもないし、手間もほとんどかからない。
2~3日放置したとしてもなーんの問題もなく普通に元気にしててくれます。
見た目はともかくとして、ペットとしてはなかなか高得点なやつです。

しかーし!

天はそんな完璧なペットを我らに与えてくれるはずがなかった。
コイツの唯一の問題は、エサ

カエルさんが何を食べるか。皆さんご存知ですよね?
しかもコイツは野生のカエルさん。人口餌なんぞ食べてくれるわけはありません。

かくして・・・

現在、たま子家には、見るもおぞましい、正式名称を書くのもはばかられるような奴らが常駐しております。
読んでくださっている皆様の精神衛生のために、写真を載せるのもやめておきましょう。
(興味がある方は、デュビアで検索してみてくださいませ。虫系が苦手な方は絶対にやめた方がいいでしょう。)

普通、ペットが餌を食べる姿というのはなかなかに飼い主心をくすぐるものですが、コイツに関しては・・・やっぱ・・・ね。複雑な気持ちになりますね。
奴らをピンセットでつまむときの感覚とか、もうもうもう・・・(T∇T)

 

みなさん、キャンプ場でカエルを見つけたら、持ち帰る前によーく考えた方がいいですよ。
カエルたんと一緒に、おぞましい奴らを飼わねばならぬことになりますからね。

 

アズマヒキガエル(両生綱 無尾目 ヒキガエル科)

東日本に広く生息している大型のカエルさん。農地、森林、公園、住宅地・・・など、けっこうあちこちにいるらしい。
湿気を好むが、比較的乾燥に強く、普段は陸地で暮らしている。夜行性。
普段はあまり動かず、動いてもどんくさい。道端で出会って指でつっついても動じないため、死んでいると間違えることもある。
目のやや後方から毒液を分泌するため、触れるときには要注意。

-ペット
-