愛車(台車)を持って、キャンプに行こう!

こんにちは。車なし。免許なし。夫なし。予算もあんまりなし。ないないづくしのたま子です。(*^-^*)

昨年からどっぷりとキャンプにハマっているたま子ですが、ハマればハマるほどに、世間一般のキャンプのイメージにはモヤモヤするものを感じております。

おそらく、ごく一般的なキャンプのイメージって、こんな感じではないでしょうか?

メンバー・・・グループ、ファミリー(父親主体)、カップル
行き方 ・・・車

まぁ、今時はソロキャンプも多いようですし、ベテランキャンパーさんならばバイクでささっと行ったり、ザック一つで行っちゃうような方もいると思いますが、たぶん一般的には
『キャンプ=男手&車が必要な遊び』ですよね。

しかーし!!

キャンプにこうであるべきなんてものはないのです。
車はなくともキャンプは行ける!
今日は、車の代わりとなる頼もしきやつらをご紹介します。

 

気軽に気楽に、ハンドキャリー

超軽装備のソロキャンプならば、気軽に持ち運べて取り回しも楽なハンドキャリーがおすすめ。ハンドキャリーならば、電車にも余裕で乗れますね。

たま子が持っているのはこれ↓。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料!】BUNDOK キャリーカートS BD-334水や重い荷物の持ち運び...
価格:1680円(税込、送料無料) (2016/9/21時点)

一見あんまり積めなさそうなハンドキャリーですが、大きめのタイプならば、けっこうな荷物を積むことができます。
↓の写真は以前たま子が2泊のキャンプで持って行った荷物。(荷物内訳はこちらの記事を参照)
荷物のすべて
このときは2泊×2人分+犬なので、スーツケースもありますが、ソロならハンドキャリーとリュックで十分おさまります。

たーだーし、2輪なだけに、これだけもりもりに荷物を積んでしまうと、腕にかかる負荷がハンパないです。
がっつり持って行きたいならば4輪をおすすめします。

↓イスにもなるバギーチェアなんてものもありますね。ちょっと高いけど。

 

 

大荷物でも安心楽々♪ 4輪の台車orカート

やっぱり4輪は強い!
ハンドキャリーでは腕がプルプルするような大荷物でも、4輪ならば楽々です♪

たま子の愛車はこちら↓。別売りでブレーキもあります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【あす楽】TRUSCO 小型樹脂台車 weego【ブルー WP-2-B】通常タイ...
価格:5211円(税込、送料別) (2016/9/21時点)

 

↓はたま子がソロで行った時の荷物。(荷物内訳はこちらの記事を参照)

持って行く荷物

車輪が小さいので段差はちょっと苦手ですが、平坦な道ならばこれだけ積んでも片手でスイスイ押せます。

たーだーし、台車で電車に乗れるかどうかは、鉄道会社の規定を要確認。
おそらく、多くの鉄道会社では台車はNGとなっていると思いますが、超小型の台車の場合はOKがもらえる場合もあるので、直接問い合わせてみるといいと思います。

たとえ鉄道会社から「乗ってもいいよ♪」と言ってもらえたとしても、大荷物を乗せてもらうわけですから、他の乗客の方に迷惑をかけないようによくよく注意が必要です。
崩れないようにしっかり固定する!倒れないようにしっかり支える!乗り降りはスムーズに!邪魔にならない端っこに乗る!混んだら降りる!
マナーは守りましょうね。

↓前押しできる4輪のキャリーもありました!珍しいなこれ。ちょっと欲しいかも。

本当はこういうの↓がいいけど、電車で行くにはちょっと大きいんですよね。もう少しコンパクトな方がいい。

 

 

番外:待って行けぬのなら、いっそ預けちまえ!

どうしても持って行くのがしんどい!
もっと楽に行きたい!

ってときは、いっそ配送してもらうのも手ですね。

hinata trunk!は、アウトドア用品に特化したトランクサービス。保管倉庫に預けておけば、必要なときに直接キャンプ場まで配送してくれます。配送料は通常の宅配便に比べてすごく安いです。年に何度もキャンプに行くならおすすめ。

倉庫に預けておくほど頻繁には行かないしなぁ。ってことなら、ヤマト運輸などで送ってしまうのもアリですね。
まるごと箱詰めしてもいいですし、重たいテントだけ、なんてのもいいと思います。

たーだーし、キャンプ場に荷物の受け取り&集荷までの預かりを頼めない場合、自分で宅配便の人が来てくれるのを待たなければいけませんので、待ち時間がけっこう苦痛だったりします。(^-^;)

 

その他、赤帽や便利屋さんなどに頼むという手もあります。
便利屋さんはけっこう高くつきますが、便利屋というだけあってすごく便利です。配送だけじゃなく、サイトへの荷運びや設営のお手伝い、買い出しなんかもしてもらえますよ。

 

車がなくともキャンプは行ける!
自分なりのスタイルで楽しみましょう。(*^-^*)

-アウトドア用品いろいろ, その他キャンプ関連記事
-