キャンプ場にお風呂もシャワーもないときの対処法

たま子家のキャンプと言えば、野島公園キャンプ場。
電車で行きやすいし、周辺での買い物も便利。予約制の区画サイトなので場所取りも不要だし、そこそこキレイで、そこそこ遊べる。母子キャンプにはピッタリのキャンプ場です。

しかーし!!

難点がひとつ。ここ、お風呂もシャワーもないんですよね。(-_-;)

公園内の管理棟にシャワーがありますが、このシャワーは公園グラウンド利用者のみしか使えません。
他には、シーサイドスパ亀遊館みなと湯(みなと旅館)がありますが、往復を考えると面倒くさいし、たま子家の場合は犬もいるので、テントに犬だけ残していくわけにもいかない…。
世の中にはこういうときのために便利な簡易シャワーも売ってますが、キャンプ場では使う場所もなかなかないですよね。
サイト内でシャワー浴びて周囲をビショビショにするわけにもいかないし、運河にシャワー浴びた水をたれ流しにするのもマナー違反だろうし。
ということで、

たま子家は、2泊3日のキャンプでもお風呂に入りません。

きったねー!!! とか言わないでね。(^-^;)
ちゃーんと最低限きれいにするようにはしてますので。

 

シャワーなしでもさっぱりするには

体を拭いてさっぱり♪

なんとも原始的(?)な方法ですが、シャワーを浴びられない以上、これっきゃないですもんね。(^-^;)

温タオルでただ拭くだけでもたいぶすっきりしますが、キャンプではけっこう体が汚れていますから、夜はしっかり汚れを落としてから眠りたいところ。
たま子家では、こんなふうにしています。

  1. 鍋でお湯を沸かして、適当な容器にぬるま湯を作る。
    (大きめの容器がない時は、ポリエチレンの丈夫なゴミ袋でOK!)
  2. ぬるま湯に石鹸を溶かして、タオルで体をしっかり拭く。
  3. ↑の容器で足をしっかり洗う。
  4. 新しいぬるま湯を使って、タオルで石鹸成分を拭きとる。

石鹸拭き⇒すすぎ拭きで、かなりさっぱりします。

 

ハッカ油で清涼感をプラス!

上記に加えて、仕上げに、お湯に少量のハッカ油を垂らして体を拭きあげれば、スースーしてとっても気持ちいいですよ。
スプレー容器にハッカ水を作っておいて、全身にスプレーしてもいいですね。

ハッカ油は、普段の入浴の仕上げにもおすすめ。
洗面器のお湯にハッカ油を垂らして浴びれば、すーっと汗がひいて快適です。

ちなみにこのハッカ油、虫よけや臭い予防にも効果があります。
夏場は1本持っておくと、いろいろ使えて便利です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

健栄製薬 ハッカ油(20mL)[ハッカ油 アロマオイル 花粉対策]
価格:628円(税込、送料別) (2016/8/12時点)

 

ドライシャンプーで頭もすっきり

体は拭けばいいとして、困るのが頭ですよね。タオルで拭いただけでは、いまいちすっきりしません。
でも大丈夫!ドライシャンプーを使えば、すっきりさっぱりできますよ。(*^-^*)
ポイントは、しっかり頭皮を揉みこむこと。不快な頭のかゆさがなくなります。

 

ペットボトルで簡易ウォシュレット!

汚い話ですみませんが、いつもと違うキャンプという環境で、お腹がゆるくなっちゃうこともあると思います。
また、女性特有の…ごにょごにょ…にキャンプが重なってしまうこともあると思います。

お尻やおまただけ洗いたーい!!!!

ってこと、ありますよね?(え?ない?)

そんなときにはこちら。その名も、『おしり清潔くん
市販のペットボトルに装着するだけで、何度も繰り返し使えます。
ぬるま湯を入れてトイレに持ち込めば、おしりもさっぱりしますよ~。

 

 

体を拭くときは、テントの窓を忘れずに閉めましょうね。
あと、テント内を明るくすると、シルエットがもろに外から見えますのでご注意。
怠ると…

『おぉ!セ~クシ~♪』
『うげっ!そんなもん見せんなよ~』

のどちらかになりますよ~(笑)
たま子の場合は後者かな。

-その他キャンプ関連記事
-,