限定カラーで差をつけろ!鍛造ペグの女王様~エリッゼステーク 限定色ライトグリーン

2016/08/12

前から欲しかった憧れのペグをついに買っちゃいました♪

鍛造ペグ エリッゼステーク
IDS賞受賞記念! 限定カラー ライトグリーン!

 

鍛造ペグと言えばソリステが王道のようですが、こちらのエリッゼスークもソリステに引けを取らぬ素晴らしいペグです。

エリッゼステークのココが好き!

鍛造ペグならではの、固い地盤をも打ち抜く頑丈さ
ハンマーで遠慮なくガンガン打てて、地面にグングン入っていく感覚は、たまらなく気持ちいいですね。

大抵のフィールドに対応できる汎用性の高さ!
このタイプのペグは砂地には向かないようですが、柔らかめ~固い土、砂利まじり、粘土質・・・など、大抵の地面に使えますので、いろいろなペグを揃えなくっても大丈夫!
よほどのことがない限り、エリッゼステークと砂地用のペグさえあればこと足ります。

■女性らしさを感じさせる、優美なシルエット
ソリステに比べると、微妙な曲線がとっても素敵♪なんだか女性っぽい印象を受けますね。
武骨な印象のペグが多い中で、このシルエットには惹かれるものがあります。
ソリステが王様だとしたら、エリステは女王様?

何といっても、美しいカラーが最大の魅力!
おしゃれは足元から、という言葉がありますが、テントの足元でこんな素敵な色のペグを使っていたらおしゃれですよね。(*^-^*)
この、限定色ライトグリーンには一目惚れしました♪
他にも、ピンク、赤、白、青、黄色の5色セットがあります。

 

ソリステ vs エリステ

以前のエリステは、ソリステよりもやや固さが劣る素材を使用していたので、『やっぱりソリステの方が・・・』という声も多かったようですが、現在のバージョンではエリステもソリステと同じS55Cスチールという素材を使っていますので、素材による強度はまったく変わりません。

両者の大きな違いは、断面の形と長さではないでしょうか。
ソリッドステークは断面が円形、対して、エリッゼステークは楕円形になっています。
この、断面の形の違いによって、打ち込みの感覚と抜けやすさ・抜きやすさが若干違ってきます。
まだ近所の公園で試し打ちして比べただけですが、円形のソリステの方が地面にグイグイ入っていきやすく、抜くときもズボっと抜きやすい。
楕円形のエリステは、ソリステに比べるとやや地面に入っていく感覚が鈍く(本当に些細な違いですが)、抜くときもちょっぴりだけ抜きにくい感じがしました。
個人的には、抜きにくいエリステの方が保持力は高いのかな?と思いましたが、どうなんでしょう。

長さは、ソリステ30は30cm、たま子が買ったエリステは28cm。
2cmの差でソリステに軍配が上がりますが、2cmくらいの差でそれほど保持力に違いはないのではないかな。

 

ペグ本来の性能である保持力や打ち込みやすさに加え、たま子のハートをわし掴みにするこのデザインとカラー。おまけにお値段もそこそこお手頃。
総合的に見ると、エリッゼステークがダントツでおすすめです♪

あぁ、もう3セット欲しいわぁ~ (* ̄∇ ̄*)

-アウトドア用品いろいろ
-,